博多 圓覺寺
博多円覚寺について 南方流茶道のご案内 墓地と納骨堂 交通機関のご案内 リンク集
茶道 南方流
茶道南方流は博多の禅寺円覚寺において南方録をもとに禅茶の稽古をしています。
■南方録とは■
  千利休が茶道の秘伝を高弟であった南坊宗啓に折々に伝えられ、それを書き留めたものを一巻一巻の末尾に千利休が奥書証明してある全七巻の本でございます。
■千利休居士と南坊禅師■
  千利休は足利時代中国より伝わりました茶の文化を、日本独自の茶道に大成された方でございます。然してその内容は南方録に余すところなく記されております。これは多年千利休に仕えられた南坊宗啓にして初めて出来得た事でございます。南坊宗啓は禅僧としては一休禅師の孫弟子にあたり、千利休と同じ堺の出身でもあります。
■黒田藩士 立花実山居士■
  千利休が没して百年後、南坊宗啓の本を書き写したのが黒田藩士立花実山でございます。立花実山は黒田藩三代藩主光之公の参勤交代に同行途中にその書の存在を知り、書き写しさらに伝本二巻を見つけ書き写されました。
  この時まだ本には書名がなかったので、禅の師である臨済宗大徳寺派崇福寺の古外禅師に依頼して「南方録」と名付けられました。南方録とは中国の茶経という本の中に、南方の嘉木七碗仙霊に通ずという句の中より取りだし、茶の本という意味でございます。
  立花実山は生涯を通じて藩主光之公の身近に仕えた武士でございます。茶道はもちろん書画や詩文や弓道に秀で、また崇福寺古外禅師に就き修行し、古外禅師が京都の本山に戻られた後は、江戸で当時の一代名僧卍山洞白に就かれて蘊奥を究め印可を受けておられます。まさに文武両道の当代切っての文化人でございます。
■南方録の伝授■
  立花実山は南方録を編纂されてから日々茶道の研鑽を重ねられました。後に四人の弟子を撰んで第一回の伝授を行い南方録の伝写を許されております。立花実山の亡くなられたあと、第二回の伝授を行い、笠原道桂が「南坊録」と改称した書写本を元に江戸で「南坊流」を広められます。それより幾多の方々に南方録(南坊録)が研究され書写本が流布し、世間の人々の知るところになりました。
■南方流と円覚寺■
  博多において脈々と伝承された「南方流」は立花有得、津田蘇山、河村虎山より大正時代はじめに円覚寺第十七世住職龍淵猷山和尚が南方録を伝授されました。猷山和尚は円覚寺に茶室を開かれ無聲庵となされ、それより龍淵環洲和尚、龍淵孔道和尚と伝授され現在の住職にいたっております。
  南方録の冒頭に、「小座敷の茶の湯は、第一佛法を以て修行得道する事也。家居の結構、食事の珍味を楽とするは俗世の事也、家はもらぬ程、食事は飢えぬ程にてたる事也。是佛の教、茶の湯の本意也、水を運び、薪をとり、湯をわかし、茶をたてて、佛にそなえ、人にもほどこし、吾ものむ、花をたて香をたく。みなみな佛祖の行いのあとを学ぶ也」とあります。
  茶もいろいろございます。道具の茶、骨董の茶、交際の茶、美食の茶、芸術の茶、様々ありますが、茶の本道は修行による人格の向上、和敬の道こそが本意であります。それでこそ初めて禅寺でやる意味があります。また、水を運び薪をとるとは、釈尊が修行中、師に仕え先輩に仕えて、水を運び、薪をとり修行して正覚を開かれた姿こそ、茶の修行に通ずると云う意味があります。茶室に入る人を佛にみたてて、実意を尽くして茶を点てると云う程の意味でございます。
  円覚寺に南方流が入りまして百有余年、禅茶一味にやっております。
■南方流 茶道教室のご案内■
  円覚寺では、福岡藩士立花実山直筆の千利休茶道秘伝本「南方録」が伝承されており、茶と禅の道場として知られています。
 郷土に伝わる「茶道南方流」をより多くの方々に知っていただけるよう、初心者の方にもわかりやすくご指導しております。
 慌ただしい日頃の生活を離れ、お庭の見える禅寺の茶室で、一服の茶を点ててみてはいかがでしょうか。

※当日だけの茶道体験はしておりません。
※観光拝観もしておりません。


【入門を希望される方へ

まずはお電話かメールでご連絡の上、下記稽古日の火曜か土曜の14時以降にご見学にお越し下さいませ。

初めての方でも安心して始められるように、火曜、土曜の稽古日の14時以降に別室にて初心者の方のみを対象とした稽古もしております。
時間帯にもよりますが、出来る限り一対一でご指導いたします。

稽古に慣れたら通常の稽古時間に参加可能となります。上記の稽古日にあわせて、1ヶ月に2~3回ご都合のよい時間にお越しくださいませ。

こられた方より順番に、お一人ずつお稽古いたします。(予約制ではありません)
稽古時間は約1時間程度でございますが、待ち時間や他の方の稽古を拝見したりしますので、時間に余裕を持ってお出でください。

初心者の稽古案内を下記サイトでしております。

福岡初心者茶道教室~博多南方流~

【見学無料】
誠に申し訳ございませんが見学希望者多数の為、茶道南方流に「入門」される意思のある方だけに限らせて頂きます。
普段着でお越しください。見学時は何も必要ありません。ご説明の後にお茶菓子で体験していただきます。

※茶道初心者として礼儀正しく見学して下さい。
※茶道は長い時間をかけて習得するものですから、短期間だけでお考えの方はご遠慮願います。
※正座での稽古となります。他の方の稽古見学中は足をくずされても構いません。足のしびれやすい方は、正座椅子をご使用ください。
※茶会の準備や掃除、水屋の仕事なども稽古の一つと考えておりますので、できる範囲でのお手伝いをお願いしております。

















■稽古日■
【稽古日】
※稽古回数は月三回以内とします。
平成29年
10月(火)10,24日 (木)5,19日 (土)14,21日
11月(火)14,28日 (木)9中止,30日 (土)11,25日
12月(火)5,19日 (木)14日 (土)9,16日
平成30年
1月(火)23,30日 (木)18日 (土)20,27日
【開庵時間】
・火曜10時~22時
・木曜18時~22時
・土曜10時~21時
(20時頃までには茶室にお入りください)


【会員の皆様へお知らせ】
平成29年
◎11月3(金),4日(土)16時半~21時頃まで円覚寺ライトアップ呈茶。ボランティアにてのお手伝いを募集しております。
※前日2日(木)14時~16時頃準備ボランティアにてのお手伝いを募集しております。
◎11月19日(日)10時~実山忌献茶会
※前日18日(土)9時半より準備お手伝いよろしくお願い申し上げます。
平成30年
◎1月14日(日)10時~初釜茶会
※前日13日(土)9時半より準備お手伝いよろしくお願い申し上げます。


南方会
【研修旅行:日帰りバスハイクのご案内】

唐津路の茶室巡りと唐津焼窯元見学

 

 会員の皆さまには常日頃より南方会の運営にご協力をいただきありがとうございます。

  さて、残暑の中にも朝夕幾分涼しくなってまいりました。皆さまにおかれましては益々ご健勝のことと思います。

 この度、会員皆さまの親睦と融和をより深めることを目的に、茶室を出で暮秋の唐津路散策を企画いたしましたのでご案内いたします。コースは以下の通りです。

                               

 
日時:平成29年12月2日(土)8:30円覚寺発(東長寺前集合)~18:30 円覚寺到着予定(東長寺前到着

 

見学先

 ○旧高取邸(邸宅、茶室: 松風庵、茶道具類展示館)         

 ○旧大島邸(邸宅、茶室:広間、6畳・4畳半・3畳、露地)

 ○中里太郎衛門陶房(陳列館、国指定史跡唐人町御茶盌窯)       

 ○唐津焼総合展示場(唐津焼17窯元出展)         

 ○近松寺(茶室 拈華庵、近松門左衛門の遺髪塚、山門、小笠原記念館)           

 

会費:6,000円。当日徴収いたします。

募集人員:45名(大型バス) 。(定員になり次第募集を締めさせていただきます。)                              申込み方法:下記の申込書にご記入のうえ備え付けの回収箱に入れてください。

世話人:原口高之梅崎利江関原亜紀子、内林美穂

※ご不明の点は原口高之(℡0943-22-3856又は080-1728-1810)まで 

■稽古料■
・入門料(次年度より年会費)5000円。
・稽古料 1回1000円。茶菓代、水屋代、炭代込み。(月謝制ではありません) 
・消費税なし。
・駐車場無料
(裏手にあります円覚寺駐車場をご利用ください。正門の横の駐車場は違いますのでご注意ください)

・お問い合わせ
℡ 092-291-3988
Mail←クリックしてください
宗教法人 臨済宗妙心寺派 円覚寺 
       茶道南方流    無聲庵
       代表者      龍淵秀海

   〒812-0037
   福岡市博多区御供所町13-11  
     ℡092-291-3988
2009(c) HakataEngakuji All Right Reserved トップページ